■私教育を通して地域社会に貢献すること

■自ら努力する生徒を育てること
■思考力を養成して、生徒が真の学力を身につけること

■子供達一人一人の個性と学力に合わせた、きめ細かな指導
■努力を第一に評価し、学習姿勢を重視する真剣勝負の指導
■子供達の可能性の開花を目指して、学習意欲を育てる情熱指導

志学会 北見本部 東進北見駅前校

志学会は北見の子供達の努力を学力に結びつける学習塾です。 志学会の基本的な考えは以下の通りです。

 中学校の学習内容は限られており、公立高校の入試のレベルでは、裁量問題の一部を除けばそれ程難しい問題は出題されません。理解に必要な時間には個人差があっても、ゆっくり段階を踏んで勉強すれば誰でもわかるようになる学習内容です。先生の指示に従って「努力すれば誰でもわかる」、これが志学会指導の根本にあるのです。
 但し、「わかる」だけで安心しては絶対に学力は向上しません。わかったことを何回も繰り返し練習・確認して、知識・学力として定着させることが必要です。中学校の学習内容は覚える量がそれほど多くはありません。記憶力や暗記力にも個人差はあるけれども、時間をかけて何度も何度も繰り返すことによって、誰でも覚えることのできる学習量です。反復学習によってわかったことを「できる」ことにまで高める学習を志学会は重視します。
 志学会は、中学校の学習は難しさも学習量も、努力によって絶対に克服できるものとの考えに立って授業を進めていきます。大切なのは、私達の授業に対して志学会生皆が努力する気持ちを持つことです。志学会に通う生徒は北見で一番努力する生徒です。そして、努力することが志学会の塾生になる資格です。
 志学会は、先生も塾生も、とにかく頑張る学習塾です。

 志学会は 、一人一人にきめ細かな指導を行う、私教育の場として平成4年に北見の街に誕生しました。一人一人の子供達がやる気を持って勉強に取り組み、単に知識を身につけるだけではなく努力の大切さを学び、頑張る気持ちを育てることのできる学習塾となることを目指しています。
 子供達の教育の場は、申し上げるまでもなく一に家庭、二に学校、そして三に私達、民間教育機関であると思います。志学会は、家庭、学校、そして放課後の教育機関である塾が一体となって子供達の教育に取り組むことによって、はじめて大いなる子供達の成長があると考えています。
 子供達が将来、巣立っていく社会は平等なことばかりではありません。競争もあります。頑張る人間が勝利をおさめます。一人一人が個性を発揮して、日々努力を重ねることが必要とされる厳しい世界です。子供の時に、真剣に物事に取り組み自分の能力を発揮して、力を伸ばしていくこと、目標に向かって可能性の限り頑張ることは素晴らしいことであり、社会に出てからも、とても大切なことだと思うのです。
 これを、学習する過程の中で子供達に体験させることができるのが、私達、民間教育機関であると志学会は考えています。
 志学会は、子供達の個性と学力にあわせたきめ細かな指導を一つのテーマとしています。能力の高い子には英才指導を、理解のスピードの遅い子にはわかるまで、応用力に難のある子にはできるまで教えることを指導方針としています。このようにして公教育、学校教育とは異なった立場から北見の子供達の教育指導に取り組むことが、志学会の使命です。私達の基本理念「私教育を通して地域社会に貢献」は、以上の考え方から生まれました。 一人一人の子供に努力の価値を知ってもらえるよう、志学会は努力を続けます。